さまざまに変化


ラクラクに予約管理ができるとして話題になっている施設予約システムはいいですよね。新規ユーザー獲得に大きな効果をもたらしてくれますよ。

僕たちは日々、さまざまな職場で、それぞれの立場で、労働に携わっているわけですが、僕たちの労働を管理するシステムについては、どれほどのことを知っているでしょうか?
僕たちの就業時間――出勤時刻から退勤時刻、その時間をどのように使っているのか、ということを管理するシステム。このシステムは「勤怠管理システム」と呼ばれるものです。

「勤怠管理システム」は、労働者と使役者、両者の権利と義務とを守るために存在しています。
労働には、さまざまな決まりがあり、それに沿って使役者は労働者を使い、労働者は報酬を受け取ります。
その決まりは「就業規則」と呼ばれるもので、これは明文化されて、さまざまな立場にある僕たちの権利を保証し、義務を付けているのです。
この「就業規則」の実現を管理するシステム、という面でも「勤怠管理システム」が存在している、と言うことが出来るでしょう。

しかし、僕たちの労働に関わる大きな決まり――法律、法令といったものは、時代の移り変わり、社会状況の変化とともに、細かく進化していくものです。
より充実した労働がこの国に存在し、資本主義の理念に則ったものであるように。
その変化とともに、「就業規則」もまた、さまざまに変化します。就業規則とは、法律や法令の修正、進化によって左右されるものでもあるのです。

変化の連鎖は、勤怠管理システムにも及びます。僕たちの労働のかたちが変わっていくのに連れて、労働の外面を形づくる勤怠管理のかたちも、細かな修正を要求されるのです。
システムは、どのように対応していっているのでしょうか。

本格的な勤怠管理システムを使うことによって、ミスなく出退勤を記録することができますよ。他のシステムとも連動できるから便利です。
スタッフの勤怠管理なら、クラウドで管理するのが最近の主流になって来ましたね。あなたの会社はもう変えましたか?